メルマガ配信申し込み(スイングトレード)

下記規約をご理解のうえ登録をお願いいたします。

メールマガジン購読者 登録規約

第一条 (目的)
本規約は、運営者が配信するメールマガジンへの購読者登録を希望される方(以下、登録希望者という)に適用されるものとします。

第二条 (定義)
本規約において用語の定義は以下の通りとします。

「メールマガジン」
無料有料に関わらず定期または不定期に何らかの情報提供を目的として、あらかじめ受信を希望するものとして登録した購読読者に宛て、運営者のサーバを通じて一斉配信される電子メール。

第三条 (個人情報の取扱い)
購読者の個人情報の取り扱い方針については次の通りとします。

1  個人情報保護管理者の連絡先
fx_globaledu@gmail.comまでメールでご連絡ください。
2  個人情報の利用目的
メールマガジン配信及び運営者からの連絡の目的のみに使用します。
3  個人情報の第三者提供及び委託
運営者は個人情報を取扱う業務(システムの開発・運用・保守、購読者様からのお問い合わせ対応等)の一部を運営者の指導監督の下で外部の会社に委託しています。個人情報の第三者提供は行いません
4  個人情報が提供いただけない場合の制限
個人情報の提供は、読者登録希望者の任意です。個人情報を提供できない場合は、メールマガジンに購読者登録することができませんので、メールマガジンの受信はできません。
5  個人情報の開示・訂正、追加又は削除
購読者は、自身の個人情報の開示・訂正、追加又は削除を運営者に請求することができます。上記個人情報保護管理者までメールにてご連絡ください。

第四条 (読者登録)
購読希望者は、所定のウェブページから自己のメールアドレスを送信することにより、読者登録を行うものとします。

第五条 (購読者による購読者登録解除)
登録読者がメールマガジン配信の停止を希望するときは、所定のウェブページから自己のメールアドレスを送信することにより、読者登録を解除するものとします。

第六条 (運営者による購読者解除)
運営者は、次の各号のいずれかに該当する事由があると認めたときは、当該読者登録を解除することがあります。

1  メールアドレスの誤り若しくは廃止、又はメールボックスの溢れ等により、配信したメールマガジンが不達となったとき
2  登録読者側のメールサーバの受信拒否又は受信障害等により、メールマガジン配信に著しい障害があったとき
3  第八条の禁止事項に該当する行為があったとき
4  メールマガジンが廃刊されたとき
5  その他読者登録を継続することが不適当な事由があるとき

第七条 (メールマガジンの内容)
このメールマガジンは、運営者の個人的な売買予想を検証・公開するもので、売買を推奨するものではありません。投資の最終判断は、ご自身の責任でお願いします。運営者は、本情報に基づいて被ったいかなる損害についても一切責任を負いません。

第八条 (禁止事項)
読者登録希望者及び登録読者は、次の各号に掲げることを行ってはならないものとします。
1  他人のメールアドレスを購読者登録すること
2  不正に入手又は生成した大量のメールアドレスを購読者登録すること
3  運営者のサーバーに対して不正アクセスを試みること、意図的に不正な指令を与えること及び高負荷をかけること、
その他運営者のシステムに障害を発生させようとすること
4  運営者へ行った質問や意見に対する運営者からの返信内容について、運営者の事前の許可なく公開すること

また購読者が以下のいずれかの者に該当する場合には、本サービスを利用することができないものとします。
1  暴力団
2  暴力団員
3  暴力団準構成員
4  暴力団関係企業
5  総会屋等、社会運動等標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等
6  暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為を行う集団又は個人
7  その他前各号に準じる者
8  前各号に直接又は間接に利益を提供している者

第九条 (システムの停止)
運営者は、システムの保守のため、サービスの一部又は全部を一時停止することがあります。この場合、運営者は事前に購読者登録希望者及び購読者に対して告知するものとします。ただし、緊急を要する保守及び軽微な保守の場合は、この限りではありません。

運営者は、システム若しくは通信回線等の障害又は停電、騒乱、火災若しくは天災地変等の不可抗力によって、予告なくサービスの一部又は全部の提供を一時停止することがあります。

第十条 (運営者からの連絡および告知)
運営者は電子メールの送信によって、購読者への連絡又は告知を行うものとし、これによって連絡又は告知事項が購読者に到達したものとみなします。


前項にかかわらず、運営者は電話、ファクシミリ、郵便その他の手段によって、登録読者への連絡を行うことがあります。

第十一条 (免責事項)
運営者は、購読者が受けた次の各号の損害について、一切の責任を負わないものとします。
1  第六条および第九条によって発生した損害
2  一般メールマガジンから得た情報を利用したことによって発生した損害
3  運営者の責めによらない事由により、運営者からの連絡又は告知が登録読者へ伝わらなかったことによって発生した損害
4  理由にかかわらず、メールマガジンの不配、未配、遅配又は誤配によって発生した損害

第十二条 (準拠法・合意管轄)
本規約の準拠法は日本法とします。また運営者と購読者との間で生じた紛争については、大阪地方裁判所を第一審の直属管轄裁判所とする。

第十三条 (規約の改定)
本規約は予告なく改定されることがあり、サービス利用時点での規約が適用されるものとします。





規約に同意できません